MacでEmacs

Atomへの乗り換えを検討しましたが,やっぱりEmacsが便利なことも多いです.そこで,MacでEmacsを利用する上で,必要最低限な設定をメモしておきます.

インストール

Macにインストール可能なEmacsは複数あるが,railwaycat氏のemacs-macがしっくりくる. インストール方法は,この計算物理屋の研究備忘録を参考にした(Mojabe10.14.4の環境では,なぜかcask版は実行できなかった).

% brew tap railwaycat/emacsmacport
% brew install emacs-mac

パッケージのインストール

Emacsのパッケージをインストールするには,Melpaのレポジトリを登録しておく..emacs.elに下記のように記述する(もうLispなんて忘れたわい).

(add-to-list 'package-archives
             '("melpa-stable" . "https://stable.melpa.org/packages/") t)

その後で,M-x list-packagesをして,パッケージを選択すればOK.

Neo Tree

Atomのようにファイルやフォルダをツリーで表示する. C-tでツリーの表示・非表示を切り替える.

(global-set-key "\C-t" 'neotree-toggle)

Markdown Mode

マークダウン・ファイルのハイライトに用いる.

テーマの設定

テーマをtango-darkに設定.

(load-theme 'tango-dark t)

キーバインディングの設定

Ctr-uでUndo.

(global-set-key "\C-u" 'undo)

Meta-/でComment.

(global-set-key "\M-/" 'comment-line)

キーバインディングの競合の解消

デフォルトのキーバインディングでは, set-mark-commandC-SPC が割り当てられていますが,マック標準のキーバインディングと競合しており動作しません. この場合,【システム環境設定】→【キーボード】→【ショートカット】→【入力ソース】で,チェックを外すと解消されます.

Image from Gyazo

スポンサーリンク