JekyllではテンプレートエンジンとしてLiquidを採用しています。 このLiquidではタグフィルタという機能を利用して、 ウェブページ制作における”めんどうだなぁ”と感じることを減らすことが可能です。

ここでは、複数のページに共通で利用されるコードの断片を他のファイルから読み込んで埋め込む方法を紹介します。 埋め込むコードをcommon.htmlとして作成し、_includesディレクトリに配置します。 後はMDファイルやHTMLファイルに下記のように記述するだけです。

その他、Gistで公開しているソースコードも下記の方法で公開可能です。

ただし、jekyll-gistを事前にインストールし、 さらに、_config.ymlに下記の設定を加えておく必要があるようです。 この_config.ymlの設定は忘れがちになるので特に注意が必要です。