https://gyazo.com/8cb7bde6f98680bdc444e9022a6c9192

3Dモデルの準備

NyARToolkitのパッケージに含まれる サンプルSimpleLiteはマーカーを検出すると赤色の立方体(Cube)を表示するプログラムです。 このSimpleLiteを修正し、3Dモデルを立体的に表示できるよう改良します。

SimpleLiteフォルダをコピーし、フォルダに含まれるC#スクリプトをARPictureCamera、 シーンをARPictureSceneにファイル名を変更した状態を前提とします (詳細はNyARToolkit for Unityの導入を参照)。

Unityでは.3ds.objなどの一般的な3Dモデルのファイル形式を利用できますが、 今回はUnityのオリジナルキャラクターである「ユニティちゃん」を利用してみます。 「ユニティちゃん」はUnityのアセット(素材)として配布されているので導入はとても簡単です。 また、このキャラクターは、ラインセンスロゴもしくはライセンス表記があれば、キャラクターの二次創作物の制作が認められています (詳細は「ユニティちゃんライセンス条項」を参照)。

https://gyazo.com/64469ca169bd9371d96f44969faea7a1

まずは、「ユニティちゃん」の公式ページから、ライセンスに同意し、データをダウンロードします。 データをダウンロードしたら、ツールバーから[Assets]-[Import package]-[Custom package]をクリックして、 ダウンロードしたパッケージを選択します。 ファイルの読込み後に、ダイアログが表示されたら、全てのファイルにチェックを入れた状態でimportをクリックしましょう。 ファイルの取り込みが終わると、プロジェクトのAssetsに新しくUnityChanフォルダが展開されます。

https://gyazo.com/23ded6f9cd7faf96a4b5344c23e306c9

3Dモデルの表示

[UnityChan]-[Models]に「ユニティちゃん」の3Dモデルであるunitychanがあります。 これを、ドラッグし、HierarchyにあるMarkerObjectの直下に配置します。 すると下記のようにx=0、y=0、z=0の位置に「ユニティちゃん」が配置されます。

https://gyazo.com/e4ae08c430d38870625e73ca9e7c2a32

次に、「ユニティちゃん」のサイズ(Scale)座標(Position)を調整します。 ここでは、Inspectorから、サイズの値をX=80、Y=80、Z=80、位置をX=0、Y=-40、Z=-20に修正しましょう。

https://gyazo.com/871b7cfc4afca74e410ddb55ab8d8e9c

再生ボタンをクリックすると、「ユニティちゃん」が表示されることを確認してください。 説明文なしに下記の画像だけだと完全に変な人かもしれません。

https://gyazo.com/54efe16facac35df44c06b79288011ce

次回はAnimator Controllerを利用して「ユニティちゃん」に歩くなどの動きを付けることに挑戦します。

参考書籍